2007年10月20日

二週間が経ちました。

会社に行くようになって二週間が経ちました。仕事も少しずつもらっているので自分のペースで出来ています。なので、精神的には割と落ち着いていますが、体力的な疲れが出てきて、気づくと寝に堕ちてしまっていた事が何度かありました。

会社に行って一日過ごす中で、予想通り周りの目が気になったり、自分と比べたりすることがあります。1年振りに会社に来るようになって、歓迎してくれる人もいれば良く思っていない人もいる。同年代の奴等を見ていると、後輩でも自分よりも相当力を付けているだろうなとかを考えてしまう。

今までの自分なら、そのまま気負っていき落ち込んでいきましたが、考えても解決しないなら時間の無駄だし、周りと自分は違うのだから他に自信を持てること、を一から学んでいくしかないと考えることが出来た。まあ、まだイメージを持つだけなので、心の底から込み上げてくる直感的な感情を、全部押さえ込むことは出来ないが、徐々にこなしていき上手く受け流せるようになっていきたいと思う。

あと、今日は帰宅後に妻と復職してからの様子を話し合った。妻の予想では、まだ今くらいでは疲れきって顔色も悪くなって帰ってくると思っていたらしいが、案外顔色は良かったと言っていた。それについては、精神的なダメージが少なかったこともあるが、小さい娘が私が玄関の鍵を開けると、いつも喜んで迎えてくれるのも相当な励みになっている。また妻も、私に気づかれないように普通を装っていたが、実際は1年振りの出社なのですごく心配していたらしい。

本当に周りの人達に支えられながら復職できたのだなと感じた。また、今日みたいに些細なことでも、妻に話すと新しい考え方を知ることができたり安心したりするので、今後もマメに話をしていきたいと思った。
posted by 赤ぞう at 04:07| ☁| Comment(49) | TrackBack(6) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

稲刈り

今日は、妻の実家で田んぼの稲刈りの手伝いをしてきた。自宅から近く色々お世話になってるし、うちで食べている米はすべて実家からもらっているので、毎年恒例の行事になった。

束ねてある稲を、田んぼの中に立てたパイプの台に掛けて乾していく。だが、稲を刈ったばかりの田んぼは、少しぬかるんでいて足を取られバランスを保つのが大変なので、すぐに足が悲鳴をあげる。

やはり、慣れない農作業をやるとすごく疲れる。近いうちに乾いた稲をワラと米を分ける稲核があるので、それも頑張んないとなぁ・・・

このような、作業の時は近所に住む親戚も手伝いにくる。今までは、奥さんの家族や親戚が集まっても、あまり喋ったり出来なかったが、今日は色々話せたので充実感がありとても良かった。
posted by 赤ぞう at 23:16| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

最後のデイケア

今日はデイケア最後の日。イベントでタコ焼きパーティをやった。皆で下準備をして、皆で焼いてとても楽しかった。タコ焼き自体すごくフワフワに出来てかなり美味しかった。そして、タコ焼きの中にチョコとかプルーンを入れて、ロシアンルーレットをやり大盛り上がりだった。

そうしている内に、あっという間に一日の終わりのミーティングの時間になった。この時に卒業するメンバーは、皆の前でお礼の挨拶をする。

私は、3月位からデイケアに来ていたので、ほぼ半年お世話になった。わりと長い方で、その間いろいろな思い出がある。挨拶の為に話をまとめようとしたが、なかなかまとまらなかった。

そして、挨拶の時すごく緊張して、話が飛んでしまった。それでも何とか持ち直して話しきる事が出来た。その後メンバーやスタッフから一言ずつもらったが、改めて気づかされる事も沢山あった。

本当に、デイケアにはお世話になった。人付き合いの大切さや、認知療法による考え方やモノの捉え方などを学んだ。これらを自分のものにするには、行動していかなければ身に付かない。

すぐには無理なので、徐々に会社などで実行していこうと思う。何か問題にぶつかる時に、デイケアでの生活を思い出せば良いという、すごく頼もしいお守りを持った気分だ。自分にも少しだが自信を持てた気がする。デイケアに出会えてすごく感謝の気持ちでいっぱいだ。

これから職場に戻っていくが、この気持ちを忘れずに仕事も家庭も細く長くやっていきたいと思う。
posted by 赤ぞう at 00:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

2日目…疲れたぁ

今日は2日目。まだ朝はしっかり余裕を持って行けた。これがだんだん慣れてくると、遅刻ギリギリになるんだよな〜気を付けないと…

今日の仕事は、昨日と同じデータの集計。昨日よりは集中してやれたかな。でもさすがに体力的に疲れた。
デイケアでは拘束時間も5時間だし、何時間もぶっとうしで作業する事はなかったので、8時間フルタイムでの仕事は疲れます。

でも、今日は周りの人と少しコミュニケーションが出来たので充実感があった。特に、入社当時からお世話になっている同じ大学の先輩には、自分から声をかける事ができた。先輩も以前と同じように接してくれたので、とても嬉しかった。

会社には、色々な人がいる。その人の数だけ違う性格があり、違う考え方がある。快く迎えてくれる人もいれば、そうでない人もいる。それを考えるとキリがない。だから、とにかく与えられた仕事をソツなくこなし、最低限の信頼を得られるようにやっていけば、とりあえずは十分なのではないかと思う。
posted by 赤ぞう at 22:19| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

1年振りの出社

昨日、会社で産業医や上司と面談があって、今日からリハビリ出社することになった。
もう主治医の診断書も出ていたので、そろそろ出社する気ではいたが、昨日の今日で少し驚いた。しかし、復帰も延び延びになっていたし、デイケアで色々学んできたので割と気持ちは落ち着いていた。

いよいよ今日は出勤の日。朝はデイケアで練習していたので、定時刻に余裕で着いた。
でも会社の門をくぐりながら、『今まで何年も通ってきたのだから大丈夫』と自分に言い聞かせながら、緊張を隠すように自分の部署に向かった。
そして、会社の人たちと次々と顔を合わせていくうちに、意識していないつもりだったが、顔から脂汗がダラダラと流れてくるのを感じた。
日中はわりとやる事があったので、時間が過ぎるのは早く、気づいたら終業の時間だった。

一日が終わって感じた事は、自分では1年振りの出社のつもりでも、周りの人は風邪で休んでいた程度にしか、思っていないのかなということ。
こっちは、まだリハビリ出社で無給だけど、自分を見捨てないでいてもらった会社の為に、ちゃんと仕事もしていかなければと思っている。
それに対し会社の人は、課長が休み中の大体の過程を知っているだけで、一緒に仕事をする人達はそういう事情は知らない。
そこでの感じ方の違いが、今日の中でのフラストレーションになっていると思う。

今までの自分だと、この少しのフラストレーションを消化しきれずにどんどん溜めていくと思う。
ただ、今回は認知療法で考えすぎない事や思い過ごしで悩まない事を学んでいる。また、妻という大切な話し相手がいる。
今日の事だって、少し冷静に考えれば自分が逆の立場だったら、どのような反応をするかといえば、皆と同じようなものだと思う。

今回の休職で、このフラストレーションの処理の仕方は学べた。ただ、それを実際に使っていくのはこれからであり、今日がその初日なのだ。
だから、日々のフラストレーションを最小限に抑えつつ、それでも溜まってくるものの消化を、徐々にやっていけるように努力していこうと思った。まだ先は長いのだから、これから辛抱強く足場を固めていかねば・・・
posted by 赤ぞう at 22:16| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   ↑うつの本    ↑副業・小遣い稼ぎの本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。