2007年06月06日

引越屋の攻防戦

いま住んでいるアパートが手狭になったので、今月の終わりごろに引越しをする事になりました。そこで、引越屋に頼む事にしたので、今日業者を呼んで見積もりを出してもらう事になったのですが、結構おもしろい展開になりました。

まず朝一で来たのがサカイでした。一通り家の中を見て同一市内での料金が、62,000円程と言われました。そこから、妻と業者の駆け引きが始まりました(私はカヤの外・・・)。妻が考え込んでると業者の方も少しずつ値段を下げてきました。結局は45,000円程までいき「ここで契約してもらえればこの値段まで頑張ります」と言う事になり、妻もまあまあ納得したようだったので、そこで契約をしました。ただその後に、アリさんとダックの見積もりの予定を入れていたので、それらは断る事になりました。

今日は一日空けていたのですが、午前中で終わったのでのんびりしていました。そんな中、昼過ぎにチャイムが鳴り出てみると、断ったはずのアリさんの担当者が来てしまったのです。どうやら電話で断ったのですが、うまく伝わっていなかったようです。なので事情を改めて説明したのですが、「うちは4万でやりますので話だけでもさせてください」とのことだったので、一応見積もってもらいました。最終的には39,800円になったのですが契約しちゃった事を言うと「今ならまだキャンセル料は掛かりませんよ」と言われ、結局アリさんに乗り換えました。見積もりを見ると値引きが55,000円と書いてあり驚きました。結構引けるもんだなと思いました。

その後、妻がサカイに断りの電話を入れたところ、相当プライドが傷付いたようで、何と35,000円でやりますと言ってきたのです。でも、もうアリさんの内容や値段にも納得していたし、梱包用のダンボールも置いていっていたので断りました。一通り終わって、妻と話していたのですが、儲けよりもやはり最終的には意地のぶつかり合いで決まるんだなと感じました。

引越に限らず何かお金を払ってやってもらう時は、同業他社とプライドのぶつけ合いにまでもっていけば、相当な値引きが期待できるということを今日は痛感した一日でした。でも、あまりやり過ぎてサービスの質が落ちてしまったら意味が無いので、そこの見極めも大切だとも思いました。

posted by 赤ぞう at 22:56| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー。
引越しは色々と大変そうですね。
でも業者の駆け引きは
なかなかの見応えが(*'-')

PS.お金のなる木、花が咲きましたね♪
ポチっと凸
Posted by あもにゃ at 2007年06月14日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 08:40
   ↑うつの本    ↑副業・小遣い稼ぎの本
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。