2007年07月28日

平均台の気持ち

ここ一ヶ月ほど、デイケアに到着する時間が8時前半で推移しています。この時間帯にデイケアに来れれば、会社の始業時間に間に合う事ができます。今では寝る時間や起きる時間が、これに間に合う時間にする事が自然に出来るようになりました。しかし、このように慣れてくると、ふいに我に返って怖くなることがあります。

これまでは、間に合う時間での生活を無我夢中でやってきました。それがある日ふと立ち止まってしまい、【不安】でいっぱいになってしまうのです。例えるなら、平均台に乗って無我夢中で前だけを見て進んでいる感じです。それに慣れてくると、ふと立ち止まってしまうのです。そして、今まで見なかった足元を見て、立っている場所の細さに驚きます。後ろを振り向くと、スタート地点が見えないほど進んできています。でもここまで、どのようにして歩いて来たのか覚えていません。そのような状況で、驚きと同時に恐怖と不安が込み上げてきて前に進む事が出来ません。でも、とりあえずは実際に進めなくなるわけではありません。ただ、あまりにも順調にくると、それが少しでも崩れると全てが台無しになると感じるのです。

あまり上手く表現できませんが、今までの会社での生活でも似たような事が何度かあります。それまで特に問題もなく過ぎていた時間が、ふとしたきっかけで急に会社に行くことが辛くなってくるのです。共通して言える事は、それまでは慣れることを『目標』として無我夢中でやっていて、その『目標』を継続的に出来るようになった時に、新たな『目標』に移る事ができず、これまでやってきたこと自体が自分で努力して出来たのではなく、まぐれでやってきたと感じてしまう事です。それにより、それまで登ってきた現在位置にいることが怖くなってしまうのです。

ようは、デイケアに朝早く来ることが出来るようになり、主治医やスタッフにいつでも復職できると言われていても、いざ復職したときのシミュレーションをした時に、同じように会社へも継続的に通う事が出来るのかが心配になってくるのです。デイケアであれば多少遅刻しても大丈夫という安心がありますが、会社ではフレックスがあるものの遅刻は出来ないというプレッシャーがあるのです。それは、会社に行くようになって慣れるしかありませんが、現状でデイケアに朝早く来れてること自体が、まぐれでいつ崩れるか分からないという【不安】が出てきてしまうのです。

妻とも話し合いましたが、それらはまぐれではなく、努力した上での成果なのだと言われました。自分が自然に出来るようになった事は、それまでの自分が努力したから可能になったのであり、急に出来るようになったわけではないということ。でも、そんな自分に自信が持てないでいるので、いつまでも同じ【不安】に怯えることになる。あとは、第一の『目標』を継続的に出来るようになってから、次の『目標』へ上手く移れれば良いとも言われました。今で言うと、出勤時間の次に心配な事が、仕事中の居眠りなのでそれを解決するために、眠くなりかけたら気分転換をするなどの努力に『目標』を移すのです。

いま平均台に立っているような気持ちになるのは、朝早く来るという第一の『目標』を継続的に出来るようになって、次の『目標』に移るという環境の変化に対応できれば良いのですが、それが復職後も上手く継続して出来るのかという【不安】の方に意識が行ってしまっていることが原因の1つであると考えられます。

人とのコミュニケーションも意識して努力しているうちは良いのですが、日が経ってくるとだんだん億劫になってしまい努力しなくなってしまう。そのため、他の今デイケアで出来ている事も、復職してから常に神経を張っておかないと出来なくなってしまうのではないかという【不安】も込み上げてくる。

根本的に、周りから見ると自分はデイケアの行き始めの頃と今を比べると、全然違うと言われますが、自分ではまるで実感がありません。初めと今の違いが、いまいちピンとこないのです。だから自分がどれだけ努力して、どれだけ進歩したのかが分からないので、自分に自信が持てないのです。

あと妻に言われて印象的だったのが、自分で今の状況を表情や態度で表現しているつもりでも、周りにはほとんど分からないということです。ちゃんと言葉で表現しなければいけないということ。だから、今回の【不安】が出てきた時もデイケアや家で、自分が順調に見えるだろうが何か【不安】があるということを、上手く表現できたか分からないが言葉で伝えてみることが出来た。そのお陰で【不安】も少し軽くなったように感じました。

あとは、いま療養の最終段階に入って話の進み具合のスピードが落ちてきた上に、デイケアでの生活がマンネリ化してきていて、復職に対し変に焦ってしまっているところもある。
posted by 赤ぞう at 02:07| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。デイケアではお世話になりました。
さて、私出社2日目にして早速しょんぼりしております。
復職にあたっての短縮勤務に認識の相違があったようで、本日人事と話をしてきました。私は徐々に勤務時間を延ばしていくことを考えていたのですが、人事は復職はフル勤務可能となってからで、それまでは会社に来るだけのお試し出社(無給)を考えていたというのです。その割には、すでに仕事もアサインされており、今日も仕事してきたんですがねぇ・・・??

結局自分の考えていたとおり最初は短縮勤務で、徐々に時間を延ばしていくということに落ち着いたのですが、なんだか自分がわがままを言って無理に認めさせたような気がして気持ちが落ち着きません。
とはいえ、「そんならフルで働いてやるわ」と啖呵をを切っても人事の心証を悪くするだろうし、自分も大変になるだけで良いことはないだろうし・・・
幸いスポーツプログラム等で体を動かしていたこともあり、体力的にはそれほど心配ないのですが、やはり会社から家に帰るとそれなりにぐったりするので、最初から無理はよくないな、と。まったく復帰当初からこんなことでは、先が思いやられます。
赤ぞうさん(でいいのかな?)も復職の際はそのあたりを人事または産業医とよく確認されておくことをオススメいたしますですよ。

今回は、結果的に自分の思い通りになったことで返って人事の「わがままを認めてやった」感に対する反発という自分のマイナス感情のはけ口がなくベッドの上でもそもそとしております。
できるだけこのもやもや感を明日に引きずらないようにして、前向きに元気を出していかねばと思うのですが・・・あぁ、気持ちの切替は難しいですなー


Posted by 解決ゾロリ at 2007年09月04日 18:51
復職二日目お疲れ様です。
どうやら人事との認識の違いがあったようですね。でも、結果的には自分のイメージ通りの勤務時間に落ち着いて良かったと思いますよ。確かに、こちらの要望を貫くと、その分失敗できないというプレッシャーも出てくるかもしれませんが、初めから無理をしてまたダウンしてしまうより建設的な考えだと思います。

私も最初のうちは段階的な出社でお願いしようと考えていますが、経験上無給になると思います。でも、出社したからには遊んでもいられないので多少仕事はすると思います。なので出来るだけ早い段階でフルタイムにしていきたいと思います。無理しないように・・・まあ出社開始からの計画や扱いについては、聞きにくいところもありますが、なるべくハッキリさせておきたいです。

気持ちの切り替えについては、認知で学んだ事が有効かと思いますが、とは言えそうすぐには実践できないので、徐々に気持ちが切り替ればOKという感じで良いと思います。えらそうな事を言っている自分が一番怪しいですけど・・・ではでは

Posted by 赤ぞう at 2007年09月04日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マツリカ渋谷店8月のお得なイベントです
Excerpt: マツリカ渋谷店8月のお得なイベントです。 8/31迄 ただいま、期間中にご来店の場合 アロマボディコースを17:00までにご来店の場合1000円割引にてご案内中です。(スタンプの割引も併用でき..
Weblog: MATSURIKA NEWS - 回春マッサージ茉莉花 渋谷
Tracked: 2007-08-06 13:52
   ↑うつの本    ↑副業・小遣い稼ぎの本
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。